地方創生xクラウドファンディング

地方創生xクラウドファンディング

幻の日本酒!松田美人の試飲会を開催します@おうえんフェス2019

クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)のクラファンプロデューサー中尾です。2019年5月26日(日)に開催される、おうえんフェス2019にて、幻の日本酒「松田美人」の試飲会を開催します。 幻の日本酒!松田美人を飲みに行こう!おうえんフェス2019 幻の日本酒「松田美人」の試飲会を開催します! 2019年5月26日(日)渋谷ヒカリエで開催される"おうえんフェス2019"に、現在クラウドファンディング挑戦中の松田町がブースを出展します!町制施行110周年記念酒「松田美人」という1500本限定販売で、残り92本しか存在しない幻の日本酒「松田美人」の試飲をブースで出します。 いやなクセがなく、すっきりさわやかに飲めると評判の幻の日本酒「松田美人」を、おうえんフェスに参加いただけば、リターンお届け前に無料で試飲していただけます。 おうえんフェス2019の当日チケットは4000円ですが、コクラのLINEに「松田美人」とメッセージをいただけば、おうえんフェス2019へ無料ご招待を特別にさせていただきます。 コクラのLINE→https://line.me/R/ti/p/%40eby9868z すでに、支援されてる方ももちろんご招待させていただきますので、コクラのLINEにご連絡ください。おうえんフェスで試飲していただいて、リターンで送られてくるのを楽しみにしていただけたら嬉しいです(^^)/ まだ、支援してない場合は、おうえんフェス2019で試飲をして気に入ったらぜひ、クラウドファンディングで支援をお願い致します。 幻の日本酒「松田美人」が手に入るのはこちらからのみとなっております※残り92本 → https://www.makuake.com/project/townmatsudakanagawa/ こちらのクラウドファンディングはふるさと納税型となっていまして、松田美人のリターンはふるさと納税の控除対象となっております。幻の日本酒「松田美人」が手に入るとともに松田町の町おこしのおうえんができます!松田美人は、この記事を書いてる時点で残り92本しかありません。お早めに支援することをおすすめ致します。 <松田美人>松田町の自然と人と技が生んだ日本酒「松田美人」 https://town.matsuda.kanagawa.jp/soshiki/9/matsudabijin.html クラウドファンディング挑戦者大募集中!! これからクラウドファンディングに挑戦する方も、挑戦したいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスも、がっつりマンツーマンでさせていただいております。 クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)に相談、連絡はこちらからお気軽にどうぞ。 ↓ >>コクラに相談する<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
地方創生xクラウドファンディング

日本の子どもたちが将来に夢や希望をもてる未来を創る@ぎふマーブルタウン

かっこいい魅力的な大人を紹介するシリーズ!クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)ファウンダーの大森寛之(@HiroyukiOmori2 )です。今日紹介するのは、ぎふマーブルタウン実行委員会代表で非営利型一般社団法人Nancy代表理事の住田涼さんです。 住田さんは、ぎふマーブルタウン(子どもたちが自分たちの手で社会を変えることができるという経験ができる街)を立ち上げてから3年が経ち、ぎふマーブルタウンに参加する小学生も多いときは1日で740名になる日もあるとのこと。 ここ最近は7階建ての会場でも参加者が入れないという状況になってきて、次回は2会場での開催を考えていて、会場を倍にするということは、必要な備品やボランティアさんも倍になるということ、収益がゼロであるぎふマーブルタウン実行委員会において資金を用意するすべとしてクラウドファンディングを活用するとのことです。 ぎふマーブルタウンとは 内閣府の調査によると日本の子どもたちは諸外国と比べもっとも ・将来に希望を持てない  ・うまくいくかわからないことには取り組めない ・社会は変えられないと感じている でも、日本の役に立ちたい気持ちは諸外国の中で、もっとも高いという結果がでています。 そこで、代表の住田さんは彼らにとって必要なものはなにかを考えて導き出したのが、彼らが「自分たちの手で社会を変えられることを身をもって知ること」で、失敗の恐怖や不安も乗り越えられるような成功の喜びや嬉しさ、挑戦の楽しさや充実感を得ることができ、将来に夢や希望を持てるようになると考え、子どもがつくる仮想の街"ぎふマーブルタウン"を立ち上げました。 実社会では失敗するとバカにされ、誰かの挑戦に対して冷ややかな風潮もありますが、ぎふマーブルタウンでは、子どもたちが挑戦も失敗も自由にできる街。 働いて給料(通貨:マーブル)を稼いで税金を払ったり、税金の使い道を決める国王に立候補し演説してなったり、投票で国王を選んだり、自分で手作りした商品をお店で出して売ったり、起業することもできるのが"ぎふマーブルタウン"です。 この、ぎふマーブルタウンを2会場で開催することで、より多くの小学生に参加いただくことが可能になり、日本の子どもたちが将来に夢や希望をもてる未来を創ることができるようになるので、ぎふマーブルタウン2会場での開催のために必要な資金をクラウドファンディングで集めます。 子どもたちの未来のため、日本の未来のために、住田さんの挑戦を応援していきましょう! →https://camp-fire.jp/projects/view/154328 クラウドファンディング挑戦者大募集中!! これからクラウドファンディングに挑戦する方も、挑戦したいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスも、がっつりマンツーマンでさせていただいております。 クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)に相談、連絡はこちらからお気軽にどうぞ。 ↓ >>コクラに相談する<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
地方創生xクラウドファンディング

農業を魅力ある産業に!足利ワインヴァレープロジェクトが新聞に掲載されました:大森寛之

かっこいい魅力的な大人を紹介するシリーズ第一弾!クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)代表クラファンプロデューサー中尾です。 今朝2019年5月5日(日)の新聞に「足利ワインヴァレープロジェクト」が掲載されていました!! プロジェクトリーダーの塩崎庄左衛門(@zalsun)さんの写真が載っており、なんとも感慨深く嬉しいです♪ 塩崎庄左衛門さんとは1年近く前から関わり、足利ワインヴァレープロジェクトの話を聞いていて、コクラプロデュースで挑戦したクラウドファンディングも見事、81人の方から支援をいただき目標金額達成率233%、総支援額70万1000円を集め成功しました! 4月には支援者と共に苗木の挿し木を始め、5年後には収穫できる予定で、その後、自前のワイナリーを持ち醸造も自分たちでするという構想です。 そこで、課題として立ちはだかるのがやはり「資金調達」と「人員の確保」、今後も足利ワインヴァレープロジェクトでは時期を見てクラウドファンディングを活用すると思いますし、一緒に塩崎庄左衛門さんと農業を魅力ある産業にしたいと考えたい人はぜひ、庄左衛門さんに絡んでください! LINEでは、フランス語を多様する塩崎庄左衛門さん!めっちゃかっこいい大人ですよ♪ 【塩崎庄左衛門】 LINE:https://line.me/ti/p/lRwXd9wMZJ facebook:https://www.facebook.com/zalsun Twitter:https://twitter.com/zalsun コクラも塩崎庄左衛門さんの足利ワインヴァレープロジェクトを追いかけ続けますし、最新情報をお届けしますので、コクラのLINEもお友だち登録しておいてください♪ >>コクラとお友だちになる<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。 クラウドファンディング挑戦者大募集中!! これからクラウドファンディングに挑戦する方も、挑戦したいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスも、がっつりマンツーマンでさせていただいております。 クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)に相談、連絡はこちらからお気軽にどうぞ。 ↓ >>コクラに相談する<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
地方創生xクラウドファンディング

地方創生xクラウドファンディングが日本の未来を救う:大森寛之

大森寛之(https://www.facebook.com/hiroyuki.oomori)です。少し前まではグローバル化をすることで革新的なアイデアが生まれたり、日本だけでなく世界を見つめグローバルな視点で進むべきだという流れがありました。 しかし、今はグローバル化ではなくローカルな地域に根付いたローカル経済、地域経済をいかに盛り上げることができるかが、これからの日本においては重要になってきます。 そこで、ローカル経済を確立したり盛り上げていくためには何が必要なのか考えてみました。 地方創生xクラウドファンディングでローカルな経済圏を確立する まずはじめに、ローカル経済、地域経済とはウィキペディアによると 地域経済(ちいきけいざい)とは経済学用語の一つ。これは国内において行われている経済活動や経済動向の中でも、それを地域ごとに分類した上でそれらの特徴に焦点を絞ったもののことを言う。このことから地域経済となればその地域特有の強みや、その地域特有の行動や生活による経済の動きが捉えられているWikipediaより と書いてあるように「地域での行動や生活による経済の動き」と認識してください。 つまり、日本全体や世界がどうとかではなく、その地域ごとでの行動や経済の流れを作るにはどうしたらいいのかを考えることが必要になり、これからは地域ごとで経済を回すことができる状態を作る必要があるということです。 地方創生のカギはクラウドファンディング 地域で経済を回すとなればそこにはやはり行政、県や市などが絡むことが重要になりますが、なかなか行政は動きが遅かったりいろいろな面から慎重に検討してスタートできないことが多々あります。 そこで活用すべきなのは、クラウドファンディングです。 クラウドファンディングで提案したプロジェクトは多くの人からの支援や応援で成り立ち、そのクラウドファンディングの結果をもって行政に提案することが突破口の一つとなります。多くの人からの意見であれば行政は無視できないからです。 いやいや、そんな行政なんて無視して自分たちだけで地域を盛り上げていきますよ!って 張り切る方もいますが、そこは行政と手を組みましょう。 地方創生はとても大変で難しく特に「継続」して盛り上げるという点では、行政の長期的な視点を活用して地域を盛り上げ続けることが重要になります。 地方創生xクラウドファンディングがうまくいかない理由として、短期的な行動は起こせても継続して盛り上げ続けることができないからというのが一番の理由と考えられるため、継続して盛り上げるためにはやはり行政、県や市と連携をとることが必要となります。 地方創生xクラウドファンディングを成功させるために必要なこと 地域を盛り上げるとか地方創生という言葉を使うと、何か大きな社会課題を解決しないといけないと考えてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。あなたが生活するうえで不満であったり、こうだったら生活しやすいのになという身近な問題から考えてみてください。 あなたが生活するうえで感じる不満というのは、あなただけではなく同じように不満を抱えている人はたくさんいます。つまり、あなたの身近な問題解決は地域のみんなにとっての問題解決にもなります。 たくさんの人がそれぞれ自分の身近な小さな問題をクラウドファンディングによって解決し続けることが地方創生につながります。 地方創生xクラウドファンディングが日本の未来を救う 地域を盛り上げ地方創生を成功させるためにはクラウドファンディングを活用することが重要です。クラウドファンディングを活用することで多くの人に自分の問題や解決策を知ってもらうことができますし、地域に住む人からだけではなく日本全国から共感していただくことで支援や応援をしていただけます。 地方創生を成功させるためには、短期的な計画だけでなく長期的な計画が必要となり、そのためにも行政との連携が必要不可欠です。行政との連携をとるのもクラウドファンディングで多くの方から、支援をいただいているという事実は行政を動かすためにも重要となります。 たくさんの人の身近な問題解決をたくさんのクラウドファンディングで解決することで、行政を巻き込み地方創生を継続して成功させていくことができます。この流れを日本全国47都道府県、さらには各市町村でおこなったらどうなるでしょうか。 つまり、地方創生xクラウドファンディングが日本の未来を救うということになります。まずは、あなたの身近な問題について考えてみてください。 地方創生xクラウドファンディング挑戦者大募集!! クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)では、これからクラウドファンディングに挑戦する方、現在挑戦しているが支援が伸びない、もっと支援を伸ばしたいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスなど、年間数百件をアドバイスして導き出したクラウドファンディングを成功させる戦略をがっつりマンツーマンでさせていただきます。 ※将来的には有料でお受けするかもしれませんが、現段階では無料でサポートさせていただいておりますので、お早めにご連絡ください。 連絡はLINEからお願いいたします。 ↓ >>コクラへクラウドファンディングの相談をする<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
地方創生xクラウドファンディング

地方創生xクラウドファンディングが成功していない5つの理由:大森寛之

大森寛之です。この記事では、なぜ、国が地方創生でクラウドファンディングを推奨しているにもかかわらず、クラウドファンディングで地方創生がうまくいかないのかを考察して導き出した5つの理由と、どうしたらクラウドファンディングを活用して地方創生を成功させることができるのかについて、私の見解を書いていきます。 クラウドファンディングでは、いろいろな地方創生をがんばっている方々を見ることができます。 とても社会貢献性が高く素敵な活動が多いのですが、その中でももっとも多いのが地方を活性化させるために「イベントを開催したい」という企画、次に多いのが「おしゃれなカフェや地域に密着した店舗をスタートさせたい」という企画でした。 まず、この二つの企画についてですが、ブログなどで拝見したところほぼほぼ、長くても1年後には経営ができなくなり店舗はなくっていたり、イベントを開催した当日やその前後は活性化するが、現在は元の状態に戻ってしまっているというものでした。 この地方創生xクラウドファンディングでもっとも多い企画である2つから見える、クラウドファンディングの活用が、なぜ地方創生の成功へと至らなかったか、5つの理由をあげていきます。 地方創生xクラウドファンディングが成功していない5つの理由 1、誰のための企画なのかが明確でなかった 2、そもそも企画のアイデアがいまいちだった 3、プロジェクトの抽象度が高すぎて行動が伴わなかった 4、資金調達のためだけにクラウドファンディングを活用している 5、綿密な計画がされていなかった ひとつずつ解説していきます。 1、誰のための企画なのかが明確でなかった プロジェクトの企画はとても素晴らしいことを言ってはいるが、実際にだれがどのようにその恩恵を受け、どのように地方創生につながるかが明確でなかったため、クラウドファンディングはその抽象度の高さにたくさんの共感をいただき応援され成功はしたが、実際には成功しなかった。 「誰のため」この部分を明確にする必要がある。 2、そもそも企画のアイデアがいまいちだった そもそもの話ですが、プロジェクトのアイデアがいまいちだったとしたら、クラウドファンディングも成功しません。 今までにない新しいプロジェクト、アイデアを見つけることが必要です。 ただし、0から考え出したもので新しすぎて実現不可能なアイデアでは元も子もないので、おすすめは「現在あるもの」x「革新的なアイデア」から考えることをおすすめします。 3、プロジェクトの抽象度が高すぎて行動が伴わなかった プロジェクトの抽象度が高くビジョンが大きいと、そこに人は共感をしやすく応援を集めることはできるが、実際に行動を起こしていただくためには理解していただくことが必要になります。 理解していただくためには、具体的に何をしたらいいか行動を示す必要があり、具体的な行動喚起、何をしてほしいのかを明確にすることが必要になります。 4、資金調達のためだけにクラウドファンディングを活用している クラウドファンディングとは、表向きはウィキペディアにも書かれているように、多くの方からアイデア一つで資金調達ができるツールの一つです。 ですが、とくに地方創生においては、クラウドファンディングで資金調達をするだけではなく、プロジェクトに共感をしていただき応援していただく方と輪を作り、地方を活性化させようと団結して「チーム」や「コミュニティ」を作り、共に歩みプロジェクトを進めていくことがもっとも重要です。 たとえ、クラウドファンディングで目標金額が集まらなかったとしても、プロジェクトに共感をして応援していただける方が見つかったことが最大のメリットだと考えることが大事です。 5、綿密な計画がされていなかった 地方創生は継続していくことができるかどうかがとても重要な考え方で、イベントが盛り上がればなんとかなるとか、おしゃれなカフェを出店して人が集まれる場所を作れば、活性化されるはずだ!という予測だけでは地方創生はうまくいかないということです。 そのイベントが行われたことにより、この地域がどうなっていくのかだったり、この店舗があることでどうなるのか、人が集まり続けるようにするためにはその瞬間だけではなく、継続して活性化が起こり地方創生になる計画をしっかりと練ることが必要です。 地方創生xクラウドファンディングを成功させるために必要な5つの考え方 a、社会性 b、革新性 c、実現可能性 d、コミュニティ形成 e、継続性 この5つの考え方を意識してクラウドファンディングを活用することで、地方創生を成功させることに近づくことができます。 a、社会性 私利私欲のためにではなく「だれのために」を考える b、革新性 今までにない新しいものであること。おすすめは「現在あるもの」x「革新的なアイデア」 c、実現可能性 抽象度を高くしてビジョンを掲げるが具体的に実現しなくてはいけない d、コミュニティ形成 資金調達だけを目標にしないで共感し応援してくれた方とともに歩む姿勢 e、継続性 一時の成功ではなく継続して続くことを計画しなければいけない 地方創生xクラウドファンディングを成功させるにはコミュニティを作ること 今回、地方創生xクラウドファンディングを成功させるために必要なことを5つ紹介してきましたが、もっとも必要なことはコミュニティを作ることです。 クラウドファンディングを資金調達のためだけのツールとして考えるのではなく、あなたが考えたアイデアからなる地方創生プロジェクトを成功させるための仲間を集めるために、クラウドファンディングを活用してください。 いま、あなたには素晴らしいアイデアを持っているかもしれませんが、地方を活性化させるのは一人では難しいかもしれません。ならば、クラウドファンディングであなたのアイデアを発表し旗を立て、あなたのプロジェクトに集まってくれる方とコミュニティを作ることをしてください。 あなたのアイデアに共感し応援してくれる人を集めるためにクラウドファンディングを活用する、目標が資金集めだと固執するからみんな大きな声で自分のアイデアを発表できないでいます。 コミュニティを作ることができれば、今回、地方創生xクラウドファンディングを成功させるために必要だと書いたコミュニティ形成以外の4つもまかなえてしまいます。 クラウドファンディングで集まったコミュニティメンバーの中には、金銭的支援ができる方、革新的なアイデアを持っている方、具体的に計画を落とし込むことが得意な方、継続させるための計画を設計できる方、ほかにもいろいろなスキルや才能、得意を持っている方が見つかります。 今回は、地方創生xクラウドファンディングということで書いていますが、これからの時代はいかに自分の旗を立て、自分の好きなことや使命を共に歩んでいける仲間が集まるコミュニティを作ることができるかが最重要課題だと考えます。 あなたのコミュニティをクラウドファンディングで作ることで、地方創生を成功させることができます。 クラウドファンディング挑戦者大募集中!! クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)では、これからクラウドファンディングに挑戦する方、現在挑戦しているが支援が伸びない、もっと支援を伸ばしたいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスなど、年間数百件をアドバイスして導き出したクラウドファンディングを成功させる戦略をがっつりマンツーマンでさせていただきます。 ※将来的には有料でお受けするかもしれませんが、現段階では無料でサポートさせていただいておりますので、お早めにご連絡ください。 連絡はLINEからお願いいたします。 ↓ >>コクラへクラウドファンディングの相談をする<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。