クラウドファンディングの審査を通す企画書の作り方その1

クラウドファンディング

クラウドファンディングで、あなたの夢や達成したいことを、クラウドファンディングで行いたいと思ったら、はじめに文章に書き起こし具現化しなければいけません。プロジェクトを企画書という形で具現化します。

 

そして、プラットフォームへ申請し許可を得たら、公開して支援者を募る形になります。

 

クラウドファンディングの企画書の作り方その1

 

申請をして許可をいただくということは、プラットフォームごとに審査があります。

 

審査では

・実行可能性
・信用性
・公共性
・創造性

などなど、さまざまな要素を見られます。

 

そこで、これから審査に通るための企画書の作り方を詳しく書いていきますので参考にしてください。

 

まず審査では

・実行可能性
・信用性
・公共性
・創造性

などなど、さまざまな要素を見られるということを理解しておいてください。

 

※コクラの公式LINE@への登録はこちらからできます。

これからクラファンに挑戦したい方も
いま現在クラファンに挑戦中の方も
もう一度クラファンに挑戦したい方も

みんなで応援し合い共創するクラファンコミュニティ

コ・クラウドファンディング(コクラ)

現在1197名(2018.12.8)の仲間とともに、みんなのクラファンを応援中です。あなたの参加をお待ちしています。
★コ・クラウドファンディング公式LINE@はこちらをクリック

LINE Add Friend

ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。