クラウドファンディングとは

クラウドファンディング

 

クラウドファンディングとは

クラウド(crowd)=群衆
ファンディング(funding)=資金調達

この2文字を組み合わせた造語です。

 

銀行や投資家からお金を集めるのではなく、たくさんの人からお金を集める仕組みのことを言います。今までは資金を集めるのには敷居が高すぎました。仮に銀行へ行ったとしても、担保も何も持たない人に銀行はお金を貸してくれません。実績がないのに何を言ってるのかと言われてしまう始末でした。

 

しかし、これからはクラウドファンディングを利用して、誰でも大きな資金ですら集めることができる時代になりました。

 

クラウドファンディングのスタートはアメリカ2008年に「インディーゴーゴー」2009年に「キックスターター」という
クラウドファンディングのプラットフォームが誕生したのが始まりです。アメリカではすでに10億円以上集めたプロジェクトもあります。日本では2011年3月に「レディーフォー」6月に「キャンプファイアー」7月に「モーションギャラリー」というクラウドファンディングのプラットフォームが誕生し始まりましたが、日本では当時、東日本大震災直後ということもあり復興支援に関する案件ばかりでした。

 

そのため、現在でも

「クラウドファンディング=寄付のやつ」

というイメージでいる方がいるのが現状です。

 

しかし、本来のクラウドファンディングとは、プロジェクトを開始する前の段階でアイデアをインターネット上で披露し、そのアイデアへの共感をもとに資金を募るというものです。プロダクト、食、町おこし、開業、社会貢献、国際協力、映画、アート、演劇、音楽、ゲーム、出版など、さまざまな活動をスタートさせる時に活用されています。

 

⇒ クラウドファンディングの仕組みについて