クラウドファンディングのプラットフォームについて

クラウドファンディング

 

今日は、クラウドファンディングのプラットフォームについてです。

クラウドファンディングでプロジェクトを行おうと思ったときに、最初に考えるのはどこのクラウドファンディングの運営会社、プラットフォームを使うかです。

 

世界最大の「キックスターター」「インディーゴーゴー」のほかにも、世界には500以上のクラウドファンディングの運営会社があり日本では「レディーフォー」「キャンプファイアー」「マクアケ」のほかに50社以上のプラットフォームがあります。

 

それぞれのプラットフォームで得意なジャンルや特徴があり、あなたのプロジェクトにあったプラットフォームを選ぶことが、クラウドファンディング成功の秘訣にもなっています。

 

日本のクラウドファンディングのおすすめプラットフォームを紹介します。

 

1、キャンプファイアー

キャンプファイアーはオールジャンルOKですが、エンタメ系を得意としています。審査が緩いので早急にプロジェクトをスタートしたいときにはキャンプファイアーが最適です。

 

2、Makuake

マクアケはガジェット系が得意で、新商品の予約販売、マーケティングをしたいのであればMakuakeがおすすめです。

 

3、レディーフォー

レディーフォーは社旗貢献度の高いプロジェクトに向いています。日本で一番最初にできたプラットフォームでいわゆる老舗です。

 

4、kibidanngo

きびだんごはなんといっても手数料が10%という安さが魅力です。また、サポートが厚いことも有名で今後伸びてくるであろう
プラットフォームではないかと思っています。

 

5、カウントダウン

日本から海外へ進出したい系のプロジェクトならここです。

 

6、モーションギャラリー

音楽、映画、ゲーム系が多いプラットフォームです。

 

7、FAAVO

現在はキャンプファイアーと合併した地域密着型のプラットフォームで、地域創生や町おこしのクラウドファンディングはここです。

 

⇐ クラウドファンディングの基本の流れ