10億円会議、あなたのアイデアが世界を救う!@日本財団:大森寛之

クラウドファンディング

大森寛之https://www.facebook.com/hiroyuki.oomori)です。日本財団がAbemaTVで「10億円会議」という番組を始めたことをご存知ですか?2001年10月から2004年3月まで日本テレビで放送されたリアリティ番組「マネーの虎」の現代版のような番組です。

 

マネーの虎とは一般人の起業家が事業計画をプレゼンし、投資家の審査員が出資をするかどうかを決定する画期的な番組で、10億円会議では日本財団が10億円を用意し日本財団が選出した5名の審査員全員の心をつかむプレゼンができれば、あなたのプロジェクトを遂行するために必要な活動資金を提供していただける番組です。

 

なぜいま日本財団が10億円会議という番組をスタートさせたのかを考えてみました。

10億円会議ってなに?日本財団が10億円を提供

日本財団「あなただから思いつける、世界の救い方がある。」 10億円会議

1分3秒のこのYouTube動画を見たら10億円会議がなんなのかわかります!

日本財団「あなただから思いつける、世界の救い方がある。」 10億円会議

 

社会課題を解決する優れたアイデアを持っているのは、「実際にその課題に直面した経験のある人」。

 

社会課題を解決するための活動資金、10億円を日本財団が用意し、世界を救うアイデア、優れたアイデアに活動資金を提供していただけます。

 

貧困、雇用、少子化、いじめ、差別、移民、環境汚染。世界中で山積みになっている課題をひとつでも多く解決するためには、ひとつでも多くのアイデアが必要です。だから日本財団はAbemaTVで「10億円会議」という番組を始めました。番組を通じて、世界を救うアイデアを募集します。そして優れたアイデアに、日本財団が用意した10億円から、必要な活動資金を提供します。あなただから思いつけるアイデアを私たちに教えてください。

10億円会議supported by 日本財団サイトより

10億円会議で募集している社会課題を解決するアイデアって?

 

社会課題と書くから難しく見えてしまいますが、日ごろあなたが生活する中で感じている不満や、‌こうしたらもっと効率がいいのになとか、こうした方がみんな助かるのにな、のような普段あなたが感じていることを解決するアイデアを考えればよくて難しく考えることはありません。

 

日本財団の10億円会議の広告のコピーを引用すると

ひとりで子育てしてきたあなただから思いつける世界の救い方がある。

ブラック企業で働いたあなただから思いつける世界の救い方がある。

親子関係に悩んだことがあるあなただから思いつける世界の救い方がある。

震災を乗り越えたあなただから思いつける世界の救い方がある。

あなたが経験してきたことから思いつくアイデアが世界を救う社会課題の解決になります。

 

しかし、お金持ちではない一般の方には、お金がないからという理由でアイデアを形にできなかったこともあるかと思います。

 

10億円会議の10億円はそんなアイデアを実現するための10億円であり、一般人だからこそ普段の生活から見える社会課題、そしてその中には社会課題を解決する斬新なアイデアがあり、世界を救う可能性を十分に秘めています。

 

10億円会議にあなたの社会課題を解決するアイデアを応募する方法

 

まずはどんな番組なのかAmebaTVをチェックする※最新の回は無料で見れます

10億円会議 supported by 日本財団 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
『GENE高』『ななにー』『チャンスの時間』など、人気お笑い芸人やアイドルが出演するオリジナルバラエティ番組をいつでも無料でお楽しみ頂けます。

 

・Twitterであなたのアイデアを「#にっぽんざいだん」のハッシュタグを入れてツイートしてみる。

・10億円会議の公式アカウントからアイデアのヒントやほかの人のアイデアを見てみる

10億円会議の公式アカウント https://twitter.com/jp_zaidan10

アイデアが固まったら10億円会議公式サイトから応募する

10億円会議の公式サイト https://nipponfoundation-billion.jp/

「10 億円会議 supported by 日本財団」募集要項

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/contents.abema.io/1billion-kaigi/1billion-kaigi-youkou.pdf

 

10億円会議をなぜ企画したのかを考える

 

今回の10億円会議という番組、なぜこの番組をスタートさせたのかを考えてみました。まず10億円という数字を出せばたくさんの人の興味を引くことができます。でも、それだけではなく、これからは「個の時代」「コミュニティの時代」となる中で、やはり金銭的な理由で活動ができないということが起こりえる世の中です。

 

しかし、個人やコミュニティレベルでの社会課題こそ世界を救う一歩になることから、個人やコミュニティレベルで社会課題とはなにか、社会課題を解決するアイデアはないだろうか、ここを日本人全員が自分事として考えてもらうために10億円という数字を打ち出し、日本財団が見据える世界を救うアイデアは個人やコミュニティからこそ生まれると確信したからこそ、パブリックにAbemaTVを活用して多くの人にこの機会を提供しているのだと思います。

 

10億円会議とクラウドファンディング

 

クラウドファンディングはインターネットを通じて不特定多数の方から共感と応援を得て支援をいただくが、10億円会議では日本財団が選出した5名の審査員全員の賛成を得ることで望む活動資金を獲得できる。

 

10億円会議という番組はいつまで放送されるかわからないということから考えれば、いま、10億円会議に挑戦してみるのはあなたのブランディングをするうえで挑戦する価値はあります。

 

成功したらそれはもちろんブランディングになり活動資金を得ることができますし、失敗しても10億円会議に出演したという経験から企画をブラッシュアップして、クラウドファンディングに挑戦していますという魅せ方は絶対的にあなたの自信にもつながります。

 

10億円会議では日本財団が選出した5名の審査員にあなたの企画をプレゼンします。

 

プレゼンなんてしたことがないという方がほとんどだと思うので、クラウドファンディングコミュニティCO-CROWFUNDING(コクラ)にプレゼンの仕方を相談してみてください。

 

10億円会議xクラウドファンディング挑戦者大募集!!

 

クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)では、これからクラウドファンディングに挑戦する方、現在挑戦しているが支援が伸びない、もっと支援を伸ばしたいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスなど、年間数百件をアドバイスして導き出したクラウドファンディングを成功させる戦略をがっつりマンツーマンでさせていただきます。

 

※将来的には有料でお受けするかもしれませんが、現段階では無料でサポートさせていただいておりますので、お早めにご連絡ください。

 

連絡はLINEからお願いいたします。

>>コクラへクラウドファンディングの相談をする<<

ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。