クラウドファンディングを活用すると起業はうまくいく:大森寛之

クラウドファンディング

コ・クラウドファンディングファウンダーの大森寛之です。

 

この記事では、なぜ、僕らがこんなにもクラウドファンディングをおすすめするのか、なぜ、クラウドファンディングと起業を掛け合わせると事業がうまくいき、安定するのかについて、話したいと思います。

 

僕らは仕事柄、たくさんの起業したいという人に会い、みんなに起業を進めてきましたが、特殊なスキルや才能がないごくごく普通の人では、なかなか起業してもうまくいかないという現実をたくさん見てきました。

 

なぜ、想いはとても強く持っているのに、ごくごく普通の人は起業がうまくいかないのか、うまくいかない理由を突き詰めていったところ、ごくごく普通の人でも起業がうまくいくスタートアップの方法をついに見つけました。

 

それはクラウドファンディングを活用して、コミュニティを作ってから起業する

 

これだと気付き、クラウドファンディングを活用してコミュニティを形成することで、起業スタートアップがうまくいき、安定して継続していけると確信しました。

 

【コミュニティを持って起業する】

 

ここでは、クラウドファンディングを活用してコミュニティを作る方法を解説します。

 

ちなみに、クラウドファンディングで資金を集めてから起業したらいいよ、なんて単純なことではないので楽しみながら最後までご覧ください。

 

クラウドファンディングx起業= 成功

 

全員が主役になれる社会の実現を目指して様々な事業を展開する中で、たくさんの方の起業、スタートアップの支援をしています、コ・クラウドファンディングファウンダーの大森寛之です。

 

起業とクラウドファンディングをつなげる方法について解説しようと思いますが、その前に、なぜ、クラウドファンディングをやるのかについて話します。

 

成功している起業家やベンチャーがかならず「共通してもっているもの」があることをご存知でしょうか?考えてみてください。

 

次々に新商品やサービスが生まれる中で、成功しているものもあれば失敗しているものもあります、成功している物と失敗しているものの違いはなんでしょうか。

 

それは、コミュニティです。

 

成功しているアプリ、WEBサービス、リアルの事業がかならず共通で持っているのはコミュニティです。

 

・アプリリリース

・WEBサービス立ち上げ

・飲食店

 

うまくいってるものはすべて、かならず共通してコミュニティをもっているということに気付きました。逆に、コミュニティをもっていないところは成功していないんです。

 

コミュニティとは

主催者(真ん中にいる人)の想いに共感してくれる人や応援してくれる人が繋がっている状態

 

コミュニティとは、お客様だけではなく、業者、デザイナー、広告業者、プロモーションやってくれる取引先もコミュニティ、自治体も行政もすべてひっくるめてコミュニティです。

 

「想いに共感してくれるコミュニティが作れている起業家はうまくいっている」

 

起業スタートアップの成功はコミュニティを持つか持たないかの違いだけです。

 

この記事を読んでいるあなたにはコミュニティを持っていただき、起業スタートアップを成功してもらいたいと思いますので、クラウドファンディングを活用してコミュニティをつくる方法をお伝えします。

 

事業は、立ち上がる段階で成功できるかどうかは決まっています。

 

大事なことなので何度も繰り返しお伝えしますが、コミュニティを持っている状態で起業スタートアップをすることで成功します。逆にコミュニティを持たずに起業したらうまくいきません。

 

つまり、事業を立ち上げる段階でコミュニティがあるようにすることが、起業スタートアップにおいて、最重要事項であるということです。

 

事業を成功させたくないのであれば、コミュニティを作らなくてもいいわけですが、想いがあって事業を立ち上げ起業するわけですから、かならず成功させましょう。コミュニティがある状態で起業でいるかどうかで勝負は決まります。

 

共感、応援が集まる事業は、かならず成功する

 

普通は稼げる、お金が儲かるビジネスをあと乗っかりでやろうとするからダメで、あと乗っかりはおおもとが儲かるだけです。

 

あなたがやるべき事業を見つけなければいけません。

 

あなたがやるべき事業をどうやったら見つけることができるのか、それはクラウドファンディングを活用することで見つけることができます。

 

クラウドファンディングはお金を集める道具ではなく、あなたの想いに共感し応援してくれる事業を発見するためのツールと考えてください。

 

クラウドファンディングはお金を集める道具ではなく、クラウドファンディングを活用してコミュニティ(あなたの想いに共感し応援してくれる人の集まり)をつくるツール。

 

あなたの想いの共感者、応援者の発見のためにクラウドファンディングを活用するということです。

 

クラウドファンディングの世界観が特殊で、とてもあったかい空気感を持っています。ビジネスであれば、儲かるか儲からないかで判断されますが、クラウドファンディングでは、企画が面白いかおもしろくないか、誰かにとって意味があるかどうか、お金とは関係のない位置で考えれる世界がクラウドファンディングです。

 

つまり、クラウドファンディング上でウケるもの、興味を持ってもらえるものを見つければ起業はうまくいくということです。

 

クラウドファンディング上でウケるということは、共感者、応援者が見つかることから、クラウドファンディングを活用することでコミュニティを形成することが可能になります。

 

コミュニティとは

主催者(真ん中にいる人)の想いに共感してくれる人や応援してくれる人が繋がっている状態

 

あなたの想いをクラウドファンディングで公開する

あなたの想いに共感し応援したい人が見つかる

コミュニティを形成

起業スタートアップが成功する

 

この流れが失敗のない起業スタートアップの方法です。

 

コミュニティがあれば、なぜ、起業スタートアップ、さらには事業が安定していくのかといえば、パレートの法則というものがあります。

 

これは、事業の売上の80%は全体の顧客のうちの20%の濃い顧客が生み出しているというパレートの法則やデータからもでていることで、濃い顧客=コミュニティメンバーと言えます。

 

このことから、起業スタートアップ時に、すでに共感者・応援者がいること、濃い顧客となっていくであろうコミュニティメンバーを起業前に作っておくことは、事業の安定・継続につながります。

 

クラウドファンディングを活用してコミュニティを形成する方法は、クラファンコミュニティでがっつりマンツーマンで教えていきます。

 

これから起業したい、なにか成し遂げたい目標があるのであれば、コミュニティの形成は絶対必要です。コミュニティ形成はクラウドファンディングを活用することでかんたんに作ることができますし、あなたの事業がうまくいくかどうか、目標達成できるのかどうかの指標にもなります。

 

クラウドファンディングを活用し、あなたの想いに共感する人、応援する人を一緒に見つけにいきましょう。

 

 

クラウドファンディングがやりたくなったらこちらの記事を読もう!

クラウドファンディングのやり方、個人が企画を立てる方法は2種類:大森寛之

 

クラウドファンディングの活用については、コミュニティのLINEからお気軽にお問い合わせください。

 

クラウドファンディングの相談はこちらから

LINE Add Friend

ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。

これからクラウドファンディングに挑戦する方も、挑戦したいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラファン成功へのアドバイスも、がっつりマンツーマンでさせていただいております。