結婚パーティーのお知らせ♪

クラウドファンディング

 

結婚パーティーのお知らせってタイトル、絶対クリックしてもらえる気がしますw だからタイトルにしたわけじゃなくて、クラウドファンディングのリターンでうまいなーと思ったので紹介と、気付きを書きます。

 

★結婚パーティーのお知らせ

まず、このタイトルを見てクリックしてくれた方!それだけタイトルは重要であるということです。どんなに素晴らしいプロジェクトでも、中身の本文を見てもらわなければ、プロジェクトを伝えることができません。

 

実際、そこから支援につながるか、応援につながるかは別として、「まず見てもらう」ことができなければはじまりません。いわゆる「認知」という段階ですね。認知してもらわなければ、ファンになることもなく支援にも応援にもつながりません。

 

クラファンのタイトルのつけ方

タイトルのつけ方について少し書いておくと、まず文字数は30文字~40文字が良いです。これは、成功したプロジェクトの統計データからも出ています。また、クラウドファンディングをfacebookでシェアしてもらったときに、タイトルは頭の15文字だけが表示され、残りは・・・という感じに点になります。つまり、頭の15文字である程度どんなプロジェクトかわかることも必要です。

 

豊川に、人と人が、人と街が繋がる焼き菓子屋を作りたい!

 

今日はこちらのプロジェクト起案者の焼き菓子屋Noisette〔ノワゼット〕の宮本さんが開催するクラウドファンディングセミナーに参加してきました。結婚パーティーのお知らせというリターンはこのプロジェクトのリターンです。どんな感じかプロジェクトページを見てみてください。⇒ 豊川に、人と人が、人と街が繋がる焼き菓子屋を作りたい!

 

起案者の宮本さんは人とではなく仕事と結婚します笑 ←笑って書きましたが、宮本さんの熱意や想いが伝わる結構本気なことで、まだ20代の宮本さんが仕事を辞め焼き菓子屋として開業しお店を持つというのはほんとに勇気もいるし覚悟がいることです。そんな宮本さんの想いを形にする意味での結婚パーティーという考え方は素晴らしいです!

 

セミナーで感じた事

今日のセミナーはこじんまりとした形でしたが、僕の中ではスゴイ収穫がありました!収穫っていうとなんだかいやらしいですが、、、リアルなユーザーの声が聞けたというか、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

 

というのも、やはりクラウドファンディングがまだまだ全然世の中に浸透していないことを痛感したとともに、クラウドファンディングの魅力や可能性を伝えていかなければいけないと再確認しました。

 

誤解1:ファンディング:投資

クラウドファンディングの誤解でもっとも多いのが、ファンディングという言葉から「投資」だよね?という誤解。確かに支援をすると言う意味では「投資」に近いですが、実際、いま一般的にクラウドファンディングといえば、8割以上が購入型クラウドファンディングという購入型で行われています。

 

購入型なので、いくら支援する代わりにリターンという物やサービス、または支援額相応の価値を受け取ることができます。先日5月14日にスタートした、「極ふわしっとり」常識が変わる!飲み物が無くても食べれちゃう八ヶ岳シフォンケーキ こちらのプロジェクトでも、1万円の支援をすると「クラウドファンディング限定20セットのシャインマスカットを使ったラムレーズンシフォンケーキ」をお届けするといった具合に、投資というよりも予約するといった形です。

 

他にもいろいろなリターンがありますが一番わかりやすいのが予約販売の形です。これが、クラウドファンディングのファンディングという言葉からの誤解です。

 

誤解2:寄付のやつだよね?

投資の次に多いのが、あの寄付するやつだよね?っていう誤解です。日本で一番はじめにできたクラウドファンディングのプラットフォームReadyforが、2011年の3月に誕生したこともあって、復興支援のための寄付集めにクラウドファンディングが使われました。

 

2011年3月の震災とプラットフォームの誕生時期がかぶったこともあり、寄付型のクラウドファンディングが多くスタートしたことで、クラウドファンディング=寄付 というのが日本に根付いたのが理由です。

 

しかし、本来のクラウドファンディングの目的、本質はマーケティングツールで「良いものを欲しい人に届ける」です。あなたが欲しいものやサービスを届けるためにクラウドファンディングはあります。

 

このクラウドファンディングに対する誤解は、なかなか簡単には変えられないのかなーと思っていて、やっぱりリアルで会って伝えることが重要だと感じました。今、僕が構想中のリアルクラファン戦略会議室「アトリエ」ですが、ちゃんとクラウドファンディングを伝えるためのセミナールーム、ワークショップができる部屋も必要だなって思いました。

 

そのリアルクラファン戦略会議室についてまた詳しく書きます!

 

クラウドファンディングのプロジェクトを成功させるために必要なのは、タイトル設定だけではありません。クラウドファンディングの基本的な知識ももちろん知っていなければいけません。基本的なクラウドファンディングの知識はクラファン成功法則まるわかりBOOKで確認しておいてください。↓