購入型クラウドファンディングの特徴について

クラウドファンディング

【購入型クラファンの特徴】

購入型クラウドファンディングには
All-or-Nothing方式とAll-in方式があり
どちらでプロジェクトを立ち上げるべきなのか
僕なりの意見を書きます。

クラファンプロデューサー中尾です。

はじめに
All-or-Nothing方式とAll-in方式とはなにかですが

All-or-Nothing方式では、
目標支援額に達しなければ1円もいただけないのに対し

All-in方式では、
支援いただいたものは目標支援額達成、否かにかかわらず

全額いただくことができます。

たとえば、目標支援額に達しなくても実行するプロジェクトであれば

All-or-Nothing方式にする必要はなく、
All-in方式で支援していただきましょう。

ただ、目標支援額に達しなければ実行不可能なプロジェクトの場合は
All-or-Nothing方式でプロジェクトを立ち上げなければ
目標支援額に達しなくてもリターンを返さなければいけないことになります。

これを聞くと、目標支援額に達しなかったら怖いからと
All-or-Nothing方式でプロジェクトを立ち上げたくなる方が多いです。

でも僕は、All-in方式で
プロジェクトを立ち上げることを絶対的におすすめします!

ただ、先ほどもお伝えしたようにリターンが返せなくなるのは
絶対に避けなければいけないため、かならずぼくに相談してください。

なぜ、All-in方式でプロジェクトを立ち上げることをおすすめするのかですが

あなたはそのプロジェクトはなんのために立ち上げたのでしょうか?

お金の為?だけでしょうか。

違うと思います。

あなたのプロジェクトを応援してくれる
一緒に創り上げていく仲間も見つけたいのではないでしょうか?

All-in方式であれば、支援いただいたお金もそうですが
支援いただいた方に直接連絡できる個人情報を受け取れます。

でも、All-or-Nothing方式でプロジェクトを立ち上げた場合は
お金もいただけず、せっかく支援いただいたあなたのことを
応援したいと思ってくれている方とも直接連絡が取れません。

プラットフォーム上でメッセージのやりとりはできますが
やはりそこは直接連絡してコミュニケーションをとりたいところです。

また、クラファンは何度でも挑戦することができることから
一度失敗しても大丈夫で、逆に言えば成功するまで挑戦できます!

たとえば、目標支援額100万円で

毎回10万円まで支援は集まるが目標に達しない場合でも
10回やったら10万円×10回で100万円達成です。

これは、わかりやすくした形ですが
実際は1回目で支援いただいた方が2回目の時は
応援者としてあなたの情報を拡散してくれます。

と考えたら1回目より確実に
2回目の方が支援を集めれると思いませんか?

できるかわからないじゃなくて、やってみる!

行動しなければ何も始まりません。

クラファンは失敗してもリスクがありません。

明日4/4(水)21:00~facebookライブを行います。

クラファンをやってみようか迷っていたり
相談したいことがある方はライブでコメントしてください。

リアルタイムでお答えして、あなたの背中を押します!

facebookライブの内容は

・クラファンとは
・4/14の行われるリアルクラファンイベントについて
・リアルクラファンイベント登壇希望の方へ

この3つのテーマで30分から1時間を目安に行います。

たくさんの方の参加をお待ちしております。

インスパイア公式LINE@にて
facebookライブスタートの通知をしますので
こちらに登録して明日の21:00にお会いしましょう♪

★CO-CROWDFUNDING公式LINE@はこちら

https://line.me/R/ti/p/%40eby9868z

LINE@登録特典もあります☆彡

 

■追伸1■

驚異の300ページクラファン電子書籍プレゼント
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これを読めば、クラファンのすべてがわかり、
現時点でのクラファン成功法則について、
僕が知りえるすべてを盛り込みました。
クラファンの説明や一般的な成功法則については
他のガイドブックと同じようなことを書いていますが
ぼくの今までの経験から導き出した成功法則もあるため、
新しい発見もしていただけます。

 

●クラファン成功法則まるわかりBOOK

「First-Encounter」

クラファンのことがすべてわかる300ページの電子書籍