クラウドファンディング 世界 発信

クラウドファンディング

日本だけではなく、全世界に向けて発信せよ!!

クラウドファンディングも日本だけではなく全世界に向けて発信せよ!!これからの時代、クラウドファンディングにおいてもグローバル化を進めていくべきだと考えています。 日本からだけではなく、全世界から支援を集めることができたらすごくないですか? そのために、日本だけではなく、全世界に向けて発信せよ!!というテーマで書きます。そこで今日は、外国語対応は必要かという話しをします。 クラウドファンディングと世界人口 外国語対応が必要なのは、外国の方から支援を受けたいときなのでそこまで僕は必要性を感じていません。という感じで今までは書いたり話をしてきましたが、よく考えたら日本だけではなく世界に向けて発信して支援をお願いした方がパイが全然違いますよね?そこで、日本の人口と世界の国々の人口TOP10をご覧ください。 【平成30年11月1日現在(概算値)】  <日本総人口> 1億2645万人 【平成30年4月1日現在(概算値)】  <世界総人口> 75億5000万人 【人口の多い国ランキングTOP10】  1位、中国 13億7867万人  2位、インド 13億2417万人  3位、アメリカ 3億2313万人  4位、インドネシア 2億6112万人  5位、ブラジル 2億765万人  6位、パキスタン 1億9320万人  7位、ナイジェリア 1億8599万人  8位、バングラデシュ 1億6295万人  9位、ロシア 1億4434万人 10位、メキシコ 1億2754万人 日本は11位でした。中国やインドは日本の比べ13倍多く人が住んでいます。 日本だけではなく、全世界に向けて発信せよ!! 単純にこの数字を見ても、日本だけでクラウドファンディングを行うよりも世界に向けて発信して 全世界を巻き込んだ方が良いことがわかっていただけるかと思います。世界最大のキックスターターやインディーゴーゴーでは日本のプラットフォームよりかなり多くの支援を集めている方がいます。 今現在では、カウントダウンというプラットフォームが日本語から英語への翻訳を無料で行ってくれていますが、圧倒的に人口の多い中国やインドに対応で来たらもっとすごいことがおきそうなのは理解いただけるかと思います。 そんな全世界に向けて発信できるクラウドファンディングのプラットフォームを考えていたりもしますので、楽しみにしていてください。 明日は、現段階(2018.12)で最終的にどこのプラットフォームを使うべきか紹介します。最後まで読んだらいいねをお願いします。また、なんらかの気づきがありましたら、コメントで教えてください。 ※コクラの公式LINE@への登録はこちらからできます。 これからクラファンに挑戦したい方も いま現在クラファンに挑戦中の方も もう一度クラファンに挑戦したい方も みんなで応援し合い共創するクラファンコミュニティ コ・クラウドファンディング(コクラ) 現在1192名の仲間とともに、みんなのクラファンを応援中です。あなたの参加をお待ちしています。 ★コ・クラウドファンディング公式LINE@はこちらをクリック https://line.me/R/ti/p/%40eby9868z ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。