地震

クラウドファンディング

被災者の生の声を聞きました【クラファンでチームを創る】

クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDING代表の中尾です。 昨日、突然ですが「自然災害対策本部を作りたい」と投稿したところたくさんの方からメッセージをいただきました。 まだ特に詳細も決まってない中での見切り発車でしたが、ほんとにたくさんの方から応援や一緒にやりたいといったメッセージが届き、本格的に「自然災害対策本部」を作ろうと決めました。 僕は今、クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDINGの代表をしていることから コクラ自然災害対策チーム(仮) という名前で見切り発車を切りたいと思います。 昨日の投稿では、現在コミュニティメンバーが947名いるとお伝えし、947名いれば47都道府県のどこかに住まわれているのではないかと思い、あなたの住んでいる町はどこですか?と問うたところこちらもまたたくさんのメッセージをいただいたのですが、まだ、47都道府県は制覇できておりません。 いや、絶対に947名いたら制覇できているはずですが、まだコメントをいただけていないだけだと思います。 昨日の投稿でコメントされていない方は、ぜひあなたの住んでいる町をコメントで教えてください。 これはいったい何をしているかというと、実際に今回の北海道地震を経験された方とお話させていただいて「食べ物やいろいろな物資が必要なのは確かなんだけど、一番欲しかったのは本物の情報」だったそうです。 今回の北海道地震では多くの地域で停電となり、本物の情報がなかなか入ってこないという状態が続いたそうで、間違った情報やでたらめなことを言い出す人がいたりと混乱があったそうです。 もちろん被害の大きさによっては情報よりも食べ物や物資だよ!って方もいると思いますが 「確かな本物の情報」 が被災地にとっては必要なんだと痛感しました。 Twitterで繋がっている仲間たちは、北海道にいるTwitter仲間で連絡を取り合い、安全な場所に一緒に避難していたりとSNSによって安心できたという声も多数聞きました。 LINEというアプリは今となっては生活に欠かせない生活必需アプリですが、このLINEも実は2011年3月11日に起きた東日本大震災が誕生のきっかけと言われています。 LINEというメッセージアプリ特有の「既読」という機能ですが、実はこの機能は被災者の安否確認のための機能だと言われていて、LINEで「大丈夫?」とメッセージを送って「既読」が付けばメッセージを見れている、と判断できるのではないかということでつけられた機能だと言われています。 このように、いまやSNSやアプリがほんとに生活になくてはならない存在になっています。 だったら 「本物の情報を送ったり」 「被災地から情報を送ってもらったり」 「近くの仲間で連絡が取れたり」 「遠方からの応援ができる」 なんらかの機能を持ったチームが存在し助け合うことができたらいいのではないかと思いました。 そのためには、まずは47都道府県に仲間がいるかの確認をしたいと思ったのです。47都道府県がつながることで、正確な情報を送ることができ、近くの仲間が見つかり、サポートができます。 この、コクラ自然災害対策チーム(仮)の話しも次回のコ・クラウドファンディングピッチフェスで話ができればと思います。 次回の第3回コ・クラウドファンディングピッチフェスは10月27日(土)東京は渋谷にて開催いたします。 詳細はおって連絡をしていきますが、今回もいろいろと楽しみながらも学べ、そしてリアルで繋がれる、そんなイベントを開催していきます。 最後まで読んでいただけたら「いいね」を押して、あなたの住む町の都道府県をコメントで教えてください。 コメントはコ・クラウドファンディング公式LINE@へお願いします。 ★コ・クラウドファンディング公式LINE@はこちら ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
クラウドファンディング

北海道地震緊急災害支援金の募集とクラウドファンディング

クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDINGの中尾です。 ここ数カ月、自然災害による被害が頻繁に日本を襲っております。 あなたの町は大丈夫でしょうか? もともとの、日本のクラウドファンディングの歴史を紐解いていくと、2011年3月11日の東日本大震災の、支援募金のために立ちあげられたという話にたどり着きます。 このことからも、 「クラウドファンディング=支援金集めのサイト」 というイメージをお持ちの方もまだまだ多いようです。 クラウドファンディングとは、実際はマーケティングツールと言われていますが、自然災害への募金活動からはじまった日本では、マーケティングツールという認識はまだ薄いのが現状です。 今回の9月6日未明に発生した北海道地震に対しても、大手プラットフォームでは6日のうちに緊急支援募金のプロジェクトを立ち上げ、支援金の募集を開始し9月8日現在 CAMPFIRE 11,224,090円 2,190人  Makuake   2,937,000円 700人 Ready for  2,125,000円 355人 合計3,245人以上 1,628,6090円 が集まっております。 また、支援金がふるさと納税にもなるという切り口で支援金を集めているさとふるでは 6,103,710円 が集めっております この現状を見ていかがでしょうか? とくにCAMPFIREにおいては、発生から2日で1,000万円以上の支援金が2,190‌人の方から集まっています。 日本は地震大国でどこに住んでいてもいつ地震が起きてもおかしくないと言われていることから、クラウドファンディングのプラットフォームのこのような活動はほんとにすばらしいものです。 4つのサイトの北海道地震支援募金プロジェクトのURLを載せておきますので、あなたが支援しやすいところから、ぜひ支援をお願いいたします。 CAMPFIRE https://camp-fire.jp/projects/view/96881 Makuake  https://www.makuake.com/project/donation-hokkaido-earthquak/ Ready for https://readyfor.jp/projects/A-PADJapan-201809 Ready for https://readyfor.jp/projects/AARJapan-201809 さとふる https://www.satofull.jp/static/oenkifu/oenkifu_hokkaido.php 僕の配信を見てる方は、これからクラウドファンディングを活用しようと思っている人なので、ここで、あなたが使おうと思っているプラットフォームで支援をしてみてください。 よく僕は言っていますが、支援したことがない人が支援してくださいと言っても支援は集まりません。 支援をする流れを、支援してくれる人にちゃんと伝えることができなければ、やり方がわからないからということで支援してもらえなくなるということがおこります。 この機会にというと不謹慎に聞こえますが、支援する流れを学びながら北海道に支援をしましょう!
クラウドファンディング

おいしいスイカの生産量、日本一はどこか知ってますか?

スイカの一般的な糖度は10~11度程度と言われていますが、糖度12度以上のスイカを食べたことありますか? それは、スイカの生産量日本一の熊本県、益城町の續(つづく)農家さんのスイカです!うちの娘がスイカめっちゃ好きで、クラウドファンディングのプラットフォームMakuakeを見ていて、おいしそうだなーって目にとまりました。 熊本県といえば熊本地震、、、續農家もかなりの被害を受け、震度7の地震に二度も襲われた地域でした。續農家さんがなぜ、クラウドファンディングを行ったかといえば、 辛く悲しい体験や情報ではなく、「これからに目を向けて前向きに頑張って取り組んでいる“今の姿”」を、クラウドファンディングを通じて知っていただききたいです。そして、「一緒にこれからをつくろう!」と応援したいと言っていただける全国の皆様からのパワーを直接感じたいと思ったからです。私たちのように町にいる人だけではなく、全国からの応援や想いが、これからをつくっていく力の源となると思っています。 引用:日本一のスイカ生産量を誇る熊本県!益城町・續農家のあま〜いスイカ1苗オーナー募集 このように、がんばっている姿を見てもらい、応援したいと言っていただける方からの生の声を、パワーを直接感じたいとのこと! このクラウドファンディングでは、スイカの1苗オーナーになれます^^ 美味しいスイカをさらにおいしく感じてもらうためには、なにをしたらいいんだろうと考えた末に、1苗オーナーになってもらうことにたどり着いたようで、美味しいスイカを一緒に育てているように見届けていただき食べてもらう、これスイカ好きにはたまらないのではないでしょうか? あまり知られていませんが、スイカは美容効果が高くトマトで有名なリコピンがとまとの1.5倍もあると言われ、美容効果も高いとのことです。スイカは流行りのスムージーにしてもおいしくいただけ、スイカの皮も調理をすることで、くせになるおいしい料理になるそうです。 美容効果も高くあま~いおいしいスイカを、苗から育てられる1苗オーナー!気になった方はMakuakeのクラウドファンディングのページをご覧ください。 日本一のスイカ生産量を誇る熊本県!益城町・續農家のあま〜いスイカ1苗オーナー募集 また、僕がまとめたクラファン成功法則まるわかりBOOK、クラファンのことがすべてわかる300ページの電子書籍を見ることで、クラウドファンディングのプロジェクトをいろいろな形で応援する方法が見つかりますし、あなたのプロジェクトを成功へ導きます。電子書籍は無料ですのでお受け取りください。 ↓