足利

コミュニティxクラウドファンディング

クラウドファンディングが生み出したコミュニティ足利ワインバレー編:大森寛之

大森寛之(https://www.facebook.com/hiroyuki.oomori)です。なにものでもない個人がクラウドファンディングで目標金額達成率233%を打ち出したこちらのプロジェクトを紹介します。 このプロジェクトは栃木県は足利市でワイナリーを開きたいという大きなビジョンのもと、まずは、足利の素晴らしさを知ってもらいたい、ファーストクラスで提供される足利が産地のワインを知ってもらうためのおとなのお花見遠足を開催するプロジェクトで、実は僕も参加します。 なにものでもない個人がビジョンをもってしっかりと望めばクラウドファンディングで 大きな資金を得ることは可能だという実例の紹介です。 クラウドファンディングが生み出したコミュニティ足利ワインバレー編 総支援額 701,000円 達成率 233% 支援者数 81人 第2回目のクラウドファンディングが生み出したコミュニティはこちら、栃木県は足利市でワイナリーを開きたい塩崎庄左衛門さんのプロジェクト。 プロジェクト公開までにバタバタしてクラウドファンディング公開期間は2週間程度だったにもかかわらず、達成率233%の総支援額701,000円を集めたこのプロジェクトは、いかに支援を集めることができたのか、そのポイントは3つでした。 1、明確なビジョンを持っていた 人はビジョンに共感し応援したくなり支援という行動を起こします。この足利ワインバレープロジェクトでは、プロジェクトリーダーの塩崎庄左衛門さんが2011年から構想を練っていたプロジェクトで、プロジェクトへの想いは固いものでした。 そのファーストステップとして、クラウドファンディングで栃木県の足利と足利のワインを知ってもらうためにクラウドファンディングを行いました。 今回、足利でワインバレーを開きたい!という大きなビジョンでのクラウドファンディング挑戦だったとしたら、目標金額ももっと大きくクラウドファンディングが成功したかはわかりません。しかし、今回はファーストステップとして、認知してもらうためのおとなのお花見遠足の開催としたところがクラウドファンディング成功のカギだった思います。 人はビジョンに共感し応援したくなるが、ビジョンが大きすぎて具体性に欠けると、人は支援という行動に移りにくいという実証結果でもあるといえます。 2、仲間とプロジェクトを組み立て走り抜けた 足利ワインバレープロジェクトは2018年11月から4人のチームを組みクラウドファンディングの準備を開始しクラウドファンディング公開期間を走り抜けました。プロジェクト起案者の塩崎庄左衛門さん、チームをまとめ引っ張っていくリーダーと、文章や画像などサポートをする2人、この4人で支えあいアイデアを出し合ったことで生まれた結果でした。 クラウドファンディングが成功しない1番の理由は、モチベーションが維持できないことです。 一人でクラウドファンディングに挑戦するから心が折れてしまうわけで、仲間とともにクラウドファンディングに挑戦し励ましあいモチベーションを維持できます。 3、クラウドファンディング公開に向けた準備を十分にしていた クラウドファンディングの成功の要因はなんといっても準備です。因果応報という言葉通りなにかの結果には必ず原因があります。クラウドファンディングではその原因と結果が顕著に現れるといっても過言ではありません。 ブロガーやインフルエンサーがクラウドファンディングを成功しやすいというのも、たくさんの読者やファンを集めてきたという原因があるからクラウドファンディング成功という結果を出せるように、クラウドファンディングに挑戦する人によってどんな準備をするかが違ってきます。 何者でもない僕らがクラウドファンディングを成功させるためにはブロガーやインフルエンサー、有名人以上の準備をしクラウドファンディングに挑戦することが必要だということです。 クラウドファンディングに挑戦したことで起きた変化 大森寛之 クラウドファンディングに挑戦してみていかがでしたか? 塩崎庄左衛門 意外な人がクラウドファンディングを知っていて、すごいねと言われました。意外にそういう人が多くて驚きました。さらに支援するといってくれたりするので嬉かったです。 大森寛之 そうなんだね!クラウドファンディングの準備をしっかりしたみたいだけど、そのあたりの実際の感想とか教えてもらえる? 塩崎庄左衛門 はい、事前の準備に時間をかけすぎということはなく、前準備無くしてクラウドファンディングの成功はないと思います。 大森寛之 ほんとにそうだと思うよ。何者でもない僕らがクラウドファンディングを成功させるのはほんとに大変だからね。チームを組んでの挑戦はどうだった? 塩崎庄左衛門 クラウドファンディングを効率よく準備するために、クラウドファンディングチームの結成は必須だと思いました。このチームで作り上げた人間関係を広げていくことで、メンバーひとりひとりの人脈も広がると思います。 クラウドファンディングでコミュニティは作れますか? 大森寛之 クラウドファンディングを活用することでコミュニティを作ることはできますか? 塩崎庄左衛門 可能だと思います。僕らのプロジェクトでは4月6日におとなのお花見遠足を開催するので進捗を週1回送りながら遠足の準備をしています。 大森寛之 僕もおとなのお花見遠足は参加するから楽しみにしてるよ。 塩崎庄左衛門 ありがとうございます。しっかりと作り上げて、おもてなしさせていただきます。 足利ワインバレープロジェクトのサイト一覧 塩崎庄左衛門さんのfacebook https://www.facebook.com/zalsun 足利ワインバレープロジェクトfacebookページ https://www.facebook.com/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-173878773567524/ コミュニティxクラウドファンディング挑戦者大募集!! クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)では、これからクラウドファンディングに挑戦する方、現在挑戦しているが支援が伸びない、もっと支援を伸ばしたいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスなど、年間数百件をアドバイスして導き出したクラウドファンディングを成功させる戦略をがっつりマンツーマンでさせていただきます。 ※将来的には有料でお受けするかもしれませんが、現段階では無料でサポートさせていただいておりますので、お早めにご連絡ください。 連絡はLINEからお願いいたします。 ↓ >>コクラへクラウドファンディングの相談をする<< ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。
クラウドファンディング

目標金額233%達成!クラファン成功3つのポイント~足利ワイナリープロジェクト編~

ファーストクラスで提供されるワインの産地足利でおとなのお花見遠足を開催したい! 目標金額233%達成!ありがとうございました!!2月27日まで開催していたクラファンプロジェクトですが、見事、目標金額を大幅に超えて達成することができました。 支援者数はなんと、81名!!ほんとにありがとうございます♪ 実はこのプロジェクト2月5日にスタート予定だったのですが、いざスタートというときにCAMPFIREから掲載の許可が出なかったりといろいろありまして、スタートが2月15日となり2月27日までの12日間という短期決戦になりました。 でも、逆にそれが良かったのか、チームの団結力が上がり、スタートダッシュで目標金額30%を達成。その後も、順調に支援者が集まり2月21日に目標金額100%達成!!そして、最終的に233%まで行くことができました、ありがとうございます。 目標金額233%達成!クラファン成功3つのポイント クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)代表の中尾(@masyakumaru)です。 さて、ではなぜ、このプロジェクトが成功することができたのかポイントは3つ!! 1、プロジェクトリーダーの塩崎庄左衛門さんの想い 2、プロジェクト公開前の準備 3、チームの団結力 1つずつ解説していきます。 1、プロジェクトリーダーの塩崎庄左衛門さんの想い なんだかんだ言っても、やはりプロジェクトリーダーのプロジェクトへの想いがもっとも重要です。 このプロジェクトの場合、今回のクラファンが成功してもしなくてもプロジェクトを実行することは決定していて、それだけではなくそのあとのビジョンやなにがしたいのかが明確でたくさんの方から共感や応援をいただけたことが一番の成功理由かと思います。 2、プロジェクト公開前の準備 これは有名人でもない限りクラファン成功のためには絶対的に必要になることですが プロジェクト公開前にどれだけ準備できたかがきもになります。このプロジェクトは、プロジェクトリーダーの塩崎さんだけで言えば2011年から考えていたプロジェクトで、僕と話をしてから約1年ごしのクラファンスタートになりました。 スタート前には友人や知人にクラファンやるから!って連絡をしまくってお願いして、スタート時には68人もの見込み支援者、応援者がいる状態でスタートを切ることができました。 これも、クラファンを成功させるためにはとても重要なことですが、なかなかみんなできないことです。 3、チームの団結力 今回のクラファンプロジェクトは4人のチームメンバーで立ち上げました。 ・プロジェクトリーダーの塩崎庄左衛門さん ・チームリーダーの橘さん ・画像や動画編集の和田さん ・アドバイザーの長谷さん 個人がクラファンをやろうとした時ほとんどの方が1人で挑戦します。 僕はチームで挑戦することをおすすめします。単純に1人でやると準備も公開中もやることがいっぱいで大変です。 クラウドファンディングは公開したらインターネットを介してたくさんの人から支援してもらえるんでしょ?なら、ページ作ればいいだけじゃない?という方が多く、ページを作るだけなら一人でもできます。 挑戦した人はみんな気づきますが、ページを作って公開しただけでは支援は集まりません。 クラウドファンディングのプラットフォームにページを掲載することは、大きなショッピングモールにお店を出してみたが「お店を出しただけではお客様は来ない」みたいな感覚とにていて、自らの力でお客様を自分のお店にお越しいただくという戦略が必要になります。お店がOPENしたらしたで、自分一人で接客もレジもやるのは大変でお店を手伝ってくれるスタッフが必要です。 お店もスタッフの団結力ややる気、モチベーションといわれるところがしっかりしていればお店はうまく回りますが、今回のメンバーはとてもいい関係ですすみました。 ・プロジェクトリーダーの想い ・チームリーダーの統率力 ・忙しい中でも頑張ってサポートをしてくれるお二人 この関係性がうまくはまったのも成功要因の一つかと思っています。 誰にでもそろえることができる3つのクラファン成功ポイント 3つ以外にも成功要因はたくさんあるとは思いますが、この3つはこれからクラファンに挑戦しようと思っている誰でもそろえることができるポイントです。 ・プロジェクトへの想い ・プロジェクト公開前の準備 ・チーム(コミュニティ) じゃあ、どこから始めたらいいか、、、 あなたの想いがしっかりとあるプロジェクト、こんなことがやりたいんです!って旗を立てること。旗を立てるっていうのは、SNSでの発信でもいいし、あなたの想いを発信できるところで発信することが旗を立てるということで、旗を立てることで、あなたの発信に興味をもって集まる人が必ずいます。 つまり、あなたの想いがあることを発信して集まったメンバーとチーム、コミュニティを作り準備をする。まずは、あなたが何をしたいのか、お金とかではなく誰のために何をしたいのか、ここを明確にすることから始めてみてください。 クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDING参加特典としてクラファンプロジェクト概要作成シートがありますので、そちらを活用してあなたの想いを言語化してみてください。 ➡クラファンコミュニティへの参加はこちらから ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。 これからクラウドファンディングに挑戦する方も、挑戦したいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスも、がっつりマンツーマンでさせていただいております。