夢を幻想や幻で終わらせないためにクラファンでテストマーケティング

クラウドファンディング

クラファンコミュニティCO-CROWDFUNDINGの中尾です。

 

クラウドファンディングでテストマーケティングをしましょうという話をしたところ、こんなコメントをいただきました。

 

「今までクラウドファンディングで夢を叶えましょうとお話しいただいていてとてもうれしかったのですが、やはり中尾さんもクラウドファンディングをテストマーケティングのツールとしてお考えなんですね、、、残念です。」

 

んー、、、ちょっとまだ僕の想いが伝わってないので、説明させていただきます。

 

僕がクラウドファンディングの魅力にとりつかれたのは、僕の6歳当時の夢を叶えることができると思ったからであり、今もその気持ちは変わりません。

→詳しくはこちらの記事に書いてます

 

僕がクラウドファンディングでテストマーケティングをしませんか?と話をしたのは、夢を叶えるためにが前提としてあってからの話しです。

 

「夢」人が夢を持つと「儚」という文字になります。

 

この文字は「はかない」と読みます。Google先生によると「はかない」とは、頼みにできる確かなところがない。淡くて消えやすい。という意を持ちます。

 

そう、夢は儚くて不確かであり淡くて消えやすいのです。

 

でも、クラウドファンディングを使えばこの不確かで淡くて消えやすい夢を、幻想や幻では終わらせないことができる、「不確か」ではなく「確か」を得ることができます。

 

その「確か」とは、クラウドファンディングで支援をしていただけるかどうかということです。

 

あなたが「夢」を叶えたいと思ったときに、その夢が大きければ大きいほど、あなたの一人では叶えられなくて、応援してくれる人、仲間、アイデア、知識、技術、行動力、人脈、そしてやはりお金が必要になります。

 

このすべてを見つけることができるのがクラウドファンディングなのです。

 

あなたが叶えたい夢をクラウドファンディングでおこなったときに、支援が入ればその夢は叶います。

 

支援者が1人だったとしてもその1人と一緒にあなたの夢を叶える準備を進めていけばいい、その人ともう一度クラウドファンディングを行って仲間を増やしていき、資金が必要であればなんどでもクラウドファンディングを行えばいい、それだけです。

 

逆に1人からも支援がない、この時は魅せ方を考えてみてください。一人からも支援いただけないということは、そのプロジェクトがあなたにとってメリットがあるだけの可能性が高いです。

 

あなただけにメリットがあるのではなく、誰かの悩みを解決するプロジェクトや誰かを幸せにできるプロジェクトであれば、必ず支援者は現れますが、ただあなたがほしいものを買いたいから支援くださいみたいなものでは難しいです。

 

自分で働いてお金ためて買えば?

 

ってなっちゃいます。

 

あなたの夢は、誰かの悩みを解決したり、喜んでいただけるものでしょうか?

コ・クラウドファンディング公式LINE@で、無料でクラウドファンディングの相談や質問をしていただけます。お気軽に相談ください。

 

★コ・クラウドファンディング公式LINE@はこちら

ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。


コメント