コミュニティxクラウドファンディングで最速で結果を出す方法:大森寛之

コミュニティxクラウドファンディング

大森寛之https://www.facebook.com/hiroyuki.oomori)です。前回、クラウドファンディングでコミュニティを作ることで、すべての要素をまかなうことができるという話をしたところ、コミュニティをクラウドファンディングで作ることはほんとにできるのか、という質問が来ていたので答えていきたいと思います。

 

率直に答えると、クラウドファンディングでコミュニティを作ることは可能です。

 

クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)でしっかりとサポートをしたプロジェクトでは、クラウドファンディング期間終了後に支援者に連絡を取りコミュニティを作るように促し、コミュニティを作っていただいています。

 

実際にクラウドファンディングによってコミュニティを作った事例を今後いくつか紹介していこうと思いますので楽しみにしていてください。

コミュニティxクラウドファンディング

 

なぜ、クラウドファンディングでコミュニティを作ることができるのかという話から、クラウドファンディングでコミュニティを作るメリットを書きます。

 

もしもあなたが、クラウドファンディングを資金調達のためだけのツールだと思っていたら、ほんとにもったいないことをしているので、前提としてクラウドファンディングは資金調達のためだけのツールではないことを認識してください。

 

そこで、クラウドファンディングの3大活用方法の解説をします。

 

クラウドファンディングの3大活用方法とは

 

クラウドファンディングは大きく分けて3つの活用法があります

1、資金調達

2、コミュニティ形成

3、アイデアの発見

こちらの3つになりますので1つずつ解説していきます。

 

1、資金調達

クラウドファンディングといえば、だれもが理解している不特定多数の方からあなたのアイデアに共感し支援という応援をいただき資金を調達するという活用方法です。

 

2、コミュニティ形成

クラウドファンディングでは、あなたのアイデアに共感をし支援をしていただいているので、支援いただいた方とともにプロジェクトを進めていくことができます。

 

「一緒にプロジェクトを進めていきませんか?」

 

とこちらから提案をすることで、間違いなくコミュニティを作ることができます。

 

3、アイデアの発見

クラウドファンディングでは、アイデアを発見するためのツールとしても活用できます。

クラウドファンディングで公開したプロジェクトで支援が集まるということは、そのプロジェクトのアイデアは正解といえます。わかりやすく言えば、テストマーケティングで支援いただけるプロジェクトはニーズがあるので売れますが、支援が入らないプロジェクトはニーズがないため、事業としては成り立たないということがわかります。

 

クラウドファンディングが資金調達のためだけのツールではないことを理解いただけましたでしょうか。それでは、次にクラウドファンディングでコミュニティを作るメリットについて書いていきます。

 

コミュニティxクラウドファンディングのメリット

 

コミュニティxクラウドファンディングのメリットをっきくわけて3つ紹介します。

 

a.不特定多数のたくさんの方にあなたのアイデアを知ってもらえる

b.アイデアに共感している人とだけコミュニティを作ることができる

c.そのアイデアがニーズがあることなのかわかる

 

1つずつ解説していきます。

 

a.不特定多数のたくさんの方にあなたのアイデアを知ってもらえる

クラウドファンディングのプラットフォームにあなたのアイデアを公開することで、たくさんの方にあなたのアイデアを知っていただくことができます。あなたが考えたアイデアに共感してくれる人は必ずいますので、まずは、あなたの旗を立ててみることができます。

 

b.アイデアに共感している人とだけコミュニティを作ることができる

クラウドファンディングで支援していただいた方は、あなたのアイデアに共感をして応援してくれている人なので、クラウドファンディングでは濃い仲間を作ることができます。

 

c.そのアイデアがニーズがあることなのかわかる

コミュニティを作ることは基本的に社会性があること、つまり誰かの悩みを解決することを目的としたチームになるかと思います。私利私欲のためだけではそもそもコミュニティを作ることができないので、あなたのアイデアのニーズがあるか検証したうえでコミュニティを作ることができます。

 

つまり、コミュニティを作りたいと思ったら、クラウドファンディングを活用してコミュニティを立ち上げることが、もっとも効率的にコミュニティを作ることができるとなります。

 

ここまで聞くとメリットしかないように思いますがデメリットもあります。

 

コミュニティxクラウドファンディングのデメリット

 

デメリットとは書きましたが、考え方によってはデメリットとはいわないかもしれませんが、メリットだけ書いておくのはよくないので紹介しておきます。

 

不特定多数の方にアイデアが知れ渡るのでアイデアを盗まれることがある

 

ということがデメリットとして挙がりますが、コミュニティ形成においてあなたを中心としたコミュニティであると考えたとき「あなた」というのは唯一無二の存在であり、まったく同じアイデアをもとに形成されたコミュニティであったとしても、それはまったく違うコミュニティになります。

 

デメリットとは書きましたが、コミュニティxクラウドファンディングという概念で言えば、クラウドファンディングでコミュニティを作ることのデメリットはないといっていいです。

 

逆にクラウドファンディングを活用してコミュニティを作らないことの方がデメリットといえます。

 

コミュニティを作ったはいいが、仲間が集まらない、ニーズがないため活動不振になるなど、クラウドファンディングを活用して作られたコミュニティであればそのような問題が解決された状態でコミュニティをスタートさせることができます。

 

コミュニティxクラウドファンディングのまとめ

今回はクラウドファンディングを活用してコミュニティを作るメリットについて話してきました。

 

クラウドファンディングを活用することで、

 

・たくさんの方にあなたのアイデアを知ってもらうことができ

・あなたのアイデアに共感してくれる濃いメンバーを見つけることができ

・コミュニティの活動のニーズがあるか知ることができる

 

ここまで読んでいただけたのなら、コミュニティを作るならクラウドファンディングを活用するべきだと理解していただけたかと思います。クラウドファンディングを行ってからコミュニティを作ることは一見遠回りに見えるかもしれませんが、もっとも早く結果を出すための準備ができます。

 

また、これからは「個の時代」になるといわれ、まさにいま「個の時代」が到来しています。

 

しかし、個の時代とはいえ、個の力「マンパワー」だけでは限界がありますし、有名人ではない普通の人が突き抜けるためには、自分のコミュニティを作ることをおすすめします。

 

自分の旗を立てて、自分が中心にあるコミュニティを作ることで、普通の凡人でも突き抜けることができるという話も、これからしていきますので楽しみにしていてください。

 

クラウドファンディングを活用してコミュニティを作ってみたいと思われたら、クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)に相談してください。クラウドファンディングからコミュニティをいくつも立ち上げていますので、あなたにあったクラウドファンディングの活用の仕方を提案してくれます。

 

コミュニティxクラウドファンディング挑戦者大募集!!

 

クラウドファンディングコミュニティCO-CROWDFUNDING(コクラ)では、これからクラウドファンディングに挑戦する方、現在挑戦しているが支援が伸びない、もっと支援を伸ばしたいと考えている方もお気軽にLINEから相談してください。企画立案からページの作成、クラウドファンディング成功へのアドバイスなど、年間数百件をアドバイスして導き出したクラウドファンディングを成功させる戦略をがっつりマンツーマンでさせていただきます。

 

※将来的には有料でお受けするかもしれませんが、現段階では無料でサポートさせていただいておりますので、お早めにご連絡ください。

 

連絡はLINEからお願いいたします。

>>コクラへクラウドファンディングの相談をする<<

ID検索は@マークをいれて @eby9868z で検索ください。